Point1 あなたの家は大丈夫ですか?まず外に出て外壁チェックをしてみましょう

塗装は美観を保つ役割もありますが、それよりも大切な役割を果たしています。
家をさまざまな外的環境から守り、寿命を延ばすことが最大の目的です。
外壁や屋根の塗装は、年とともに防水効果が失われ、水分はじわじわと建物内部に浸入し始めます。そして構造躯体である柱や梁を腐らせることさえあるのです。
こうなると修繕するにも、費用もかさんでしまいます。
手遅れにならないうちに、まず、ご自身で「住まいのチェック」をしてみましょう。

住まいのチェック

Point2 外壁の素材によって傷みも違います。さまざまな外壁の特徴をしりましょう。

モルタル
モルタルのイメージ写真

コンクリート同様、セメント+砂で形成されているので頑丈ですが、防水性が低く、塗装が外壁面を保護しています。しかし、カビや酸性雨などで、防水性を失うと酸化するので、そのまま放置すると、アルカリ性のモルタルが中性化し、粘気が失われモロクなり、亀裂が生じ剥落します。さらに、内部の木部下地を腐らせる危険もあります。

サイディング
サイディングのイメージ写真

窯業系サイディングは、石膏ボードをより強固にしたような新建材ですが、短所は「吸収性が高い」ことで、反り、うねり、ヘアークラック(細かいヒビ割れ)、目地コーキングの割れ、釘打部の割れなどを発生し、隙間を空けると雨水が浸水し、すべて貼替えのケースが生じます。

ALC
alcのイメージ写真

軽石のように気泡があるため吸水性が大きく、コンクリートのアルカリ性が中性化し、クラックを生じ、内部の鉄芯がサビつきます。ALCは強度を蘇らせることができませんので、早めのお手入れが肝心です。

Point3 ひとつでも見つかったら、外壁リフォームの時期です。外壁の防水効果がなくなると・・・

外壁や屋根の防水効果は5~6年ほどで低下し、カビや藻類が発生しやすくなります。防水効果が落ちると、ビヒ割れなどの症状が表われ、雨水の浸入によって、家屋全体に悪影響を及ぼすことになります。
また、外壁にヒビが入り、塗膜が切れ、防水効果が失われると、そのすき間から雨水等の水分が浸入し、やがては内部の構造躯体にまで達し、柱や梁を腐らせてしまいます。
本格的な点検は、一般の方では難しいので気になる方はご相談下さい。

点検前に知っておきたい住まいの「替えどき」情報
【モルタル】 7年位~
【スレ-ト屋根】 7年位~
【サイディング】 7年位~
【トタン屋根】 5年位~
【ALC】 7年位~
【陸屋根防水】 8年位~
 -- 要注意 --
 部分的なキズ、ヒビ割れ、塗装の剥がれ
 は、その都度補修が必要です。

【雨樋】 点検:1年に1~2回
部分交換:3~4年
全交換:10年~15年
  ※立地条件等により異なりますので
   ご相談下さい。

※立地条件等により異なりますので
 ご相談下さい。
枠線画像