外壁塗装、屋根塗装、内装リフォームならお任せください。 >サイトマップ >よくあるご質問

外壁塗装の必要性と3つの目的

外観を美しくさせるだけではないのが外壁塗装。まずはプロがお教える、
塗装する前に知っておきたい“外壁塗装の必要性と3つの目的”と
お客様に喜ばれ続けているペンタくんの外壁塗装についてご紹介。

外壁塗装の必要性

外壁に塗装が必要なのは?!
塗装は外観を美しくするだけでなく建物を保護する
という大切な役割があります。
外壁は風雨や太陽光線、気温の変化などの自然現象
にさらされ、汚れや老化、風化といった損傷を受け
る場所です。こまめにチェックをしてその段階にあ
った補修が必要です。
そこで大切なのが防水塗装です。
塗装は、美観をよくするだけじゃない!!
防水塗装は、建物の外観を美しくするだけではありません。
塗装は、外壁や屋根の傷みの原因となる『防水効果』を蘇らせ、腐ったり、
あせたりといった家の老化を未然に防ぐはたらきがあるのです。
さまざまな下地の保護に塗装は最適!!
通常、防水塗装を必要とする外壁には、「サイディングボード」「モルタル塗り」「ALC板」など
ありますが、「木材」と同様、どれも水に弱いという共通した性質があります。
塗装はそれらの構造体の「耐水性」を高め、『長持ちする家』にする大切な役目を果たしているの
です。

外壁塗装の3つの目的

1.『防水性を蘇らせ、家の健康を回復する』
防水性の低下は外壁や屋根の傷みの原因となります。
いい加減な塗装では性能を回復してもすぐにまた傷んでしまいます。
2.『低下した強度を回復し、雨風に強い家に』
ヒビや剥がれを修繕すると同時に、補強をする効果もあります。
塗装工事を行う場合、下地処理という工程も同時に行うため、強度がアップし、雨風に強くなります。
3.『かけがえのない「わが家」を美しく彩る』
塗装をする事によって住まいの印象が劇的に変わるのが「外観」です。
『自分だけのわが家』を作りあげるために、経験豊富なスタッフがご提案をさせて頂きます。

プロ目線の徹底した点検と調査

3~5年に1度の点検が必要
塗装の防水効果は5~6年ほどで低下し、カビや藻類が
発生しやすくなります。塗装が落ち、防水効果が失わ
れると、外壁の傷みの原因となり、雨水等が柱や梁を
腐らせ、大きな損害につながることから、定期的な点
検や補修が必要になります。

外壁の塗り替え時期は塗膜性能が落ちてくる6,7年以降
10年くらいまでの間がベスト。
定期的なメンテナンスを心がけることが、大切な建物を長持ちにする秘訣です。

215,000棟の施工実績によって培った
豊富な経験と知識によるご提案と安心施工

一貫した施工システムと商品力で
最高の仕上がりに
外壁の塗り替えは、まず住まいの現状を把握することが
大切です。
215,000棟もの施工実績に基づいた豊富な知識を有する
塗装の専門家が、外壁や屋根のイタミ度合いを客観的に
診断させて頂き、『お客様の目線』で適切なリフォーム
のご提案をさせて頂きます。
あとは、一定の技能レベルに達した職人が最高の仕上がりで提供いたします。

お問合せスタート24時間受付けOK