• トップページ(安心・信頼・誠実に取り組みます)
  • 外壁塗装・外壁リフォーム(塗装の必要性(3つの目的))
  • 屋根塗装(屋根は住宅を守る重要な場所)
  • 屋根の葺き替え(葺き替えで屋根をリフレッシュ)
  • 防水工事(さまざまな種類の防水工法)
  • ビル・マンション・大規模修繕(短工期・高品質な防水工事)
  • 外溝リフォーム(住まいにあったプランニング)
  • 内装リフォーム(充実のリフォームアイテム)
  • 耐震補強リフォーム(ペンタくんの耐震補強工事)
  • ペットリフォーム(ペットと快適に暮らすリフォーム)
  • 建物有効活用リノベーション(ライフプラン設計をご提案)
  • 外壁塗装用塗料ラインナップ(弊社独自のオリジナル塗料)
  • 屋根塗装用塗料ラインナップ(多彩なカラーバリエーション)
  • お客様の声(お客様の有難いご意見やご感想)
  • 施工事例(209,000棟の豊富な施工実績)
  • 店舗紹介・営業ネットワーク(関東近県を中心に展開中)
  • 業務提携先(提携企業・団体優待サービス)
  • 各種お問合せ窓口(どうぞお気軽にご相談下さい)
  • 会社概要(株式会社ペンタくん会社情報)
  • 採用情報(20代~50代の未経験者も大活躍)
  • ニュースリリース(東日本大震災 復旧支援活動)
色選びのポイント。その1。色の面積効果

面積効果とは、同じ色でも面積の大きさによって明るく見えたり暗く見えたりする現象のことです。
下のイメージ図はどちらも同じ色を使用していますが、左の図よりも面積の大きい右側の方が明るく見えないでしょうか?
これは人間の目の錯覚による面積効果という現象が起きているためです。

色の面積効果のイメージ図。小さい面積は暗く見える(低明度に感じられる)。大きな面積は明るく見える(明度と彩度が高く感じられる)

つまりカタログなどのカラーサンプルで見たときよりも、外壁を塗装した仕上がりの方が色合いが明るく見えてしまいます。
お客様がイメージしている色よりも少し濃いめの色を選択しておくと、実際の仕上がりがイメージに近くなる傾向があります。

色選びのポイント。その2。光の照射量

色は光の照射量によって見え方も異なってきます。
『晴れの日』と『曇りの日』に異なって見えるのもそのためです。
光の照射量を考慮したうえで見る事も大切となります。
下のイメージ図は同じ塗料を使用しており、晴天時と曇天時に撮影した写真です。

光の反射量のイメージ図。晴天時に撮影。雲天時に撮影。 色選びのポイント。その3.外壁の種類や艶。

艶消し塗料は艶あり塗料と比較して、少々白っぽい感じに仕上がります。
スタッコ調やサイディングの模様に凹凸がある場合は、凹凸によって出来る影の影響で色目が濃く感じることがあります。
それに対して、フラットな面への艶あり塗装は、薄めの色目に仕上がる傾向があります。


塗り替えシミュレーションへ ライン画像
無料点検・無料お見積りなど、お気軽にお問合せ下さい。
電話でのお問い合わせはこちらTEL0120-770-666フォームでのお問合せはこちら